プロフィール

チュー

Author:チュー

最新記事
カテゴリ
ポッチとお願いします
RSSリンク
コメント
トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口臭と糖尿病の関係とは

一般的に糖尿病は、歯ぐきに炎症を直接的、一次的な要因はないが、歯垢などによる局所刺激に対する歯周組織の反応を二次的に変化させ、歯周疾患市ゴルソンシルウル一層促進させ、歯周組織の術後治癒過程を遅延させる。

糖尿病がある場合の歯周組織の変化としては、歯肉に多発性膿瘍が形成される傾向が増加し、糖尿病性歯根靭帯の崩壊は、歯肉の腫脹を誘発させ、歯肉増殖や歯の動揺が増加することになる。 糖尿病が長く続くほど、歯周疾患が発生する可能性が大きくなり、よく調整されていない患者であればあるほど疾患が発生する可能性が高まる。 治療後も、組織の再生能力が低下して、うまく治療されないため、健常者に比べて、治療の予後が良くない。

一般的に30歳までは歯周組織の破壊率が糖尿病患者や糖尿病患者ではない人でも、みんな似ているが、30歳以降では、糖尿病患者における歯周組織の破壊が悪化している。 また、糖尿病率が10年以上の患者の場合、10年未満の糖尿病患者よりも、歯周組織の破壊がもっとひどい。

もし糖尿病が疑われる場合や糖尿病があると確信されている人は、治療前に空腹時血糖値、食後血糖値、ブドウ糖負荷試験、などの臨床病理検査や定期的な口腔検査中の歯周疾患の進行状況を点検を依頼し、予防から治療に至るまで、他の人よりも細やかな診断と治療の過程を明確にする。

調節されていない糖尿病患者が歯周治療を受けなければならない場合には、治療後、感染症に対する抵抗力のために血糖値を調整し、治療を受けなければならない。 感染症が存在する場合には、糖尿病が調節されるまで、抗生物質と鎮痛剤のみを使用する。

もし、すぐに治療が必要とされている場合には、切開と排膿のために抗生物質を投与し、治療を受けなければならない。 調整がされている糖尿病では、歯周組織の変化が顕著には表示されません。
正常な組織反応を示し、虫歯の発生率の増加もなく、熾烈にも正常に発達する。 感染症につきましても、正常な防御メカニズムを示す。 そのため、よく調整された糖尿病患者は、ほとんどが一般患者のように治療を受けることができ、通常の手術はもちろんのこと、組織誘導再生術、歯肉歯槽粘膜手術と歯メシクスルなどの広範な治療を受けることができる。 このような場合は、いくつかの注意事項がある。

朝の食事をして、通常のインスリンを投与して、調整し、なるべく午前中に治療を受ける方が良い。 この時のストレスは、血糖値を増加させる傾向があるため、診療時間を短く複数回に分けて治療を受ける方が良い。 また、広範な治療が要求される場合には、抗生物質を投与すること。 糖尿病患者は、予防でも治療後は定期的管理のために病院に来院、スケーリングなどによる徹底した歯垢の管理プログラムによる管理を受けることが重要であり、口の中がマルや救援吸収を伴っていると思われる糖尿病患者は、さらに歯垢の調整に注意を払う必要があります。 また、糖尿病患者においては細かな家庭内の口腔ケアを行うことを強調されている。
 


 

 

コメント

非公開コメント

楽天
検索フォーム
ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。