プロフィール

チュー

Author:チュー

最新記事
カテゴリ
ポッチとお願いします
RSSリンク
コメント
トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供によくある口臭の原因と対策

子供によくある口臭の原因と対策、

①口の中や一方通行の炎症などの異常がある場合

②風邪、鼻炎、副鼻腔炎などの呼吸器系疾患がある場合、

③胃腸などの消化器に問題が生じた場合、

④下痢による糖尿病、奸臣病などの全身的原因などがあります。

このうち、最初と2番目の場合がほとんどですね。 口の中に問題がある場合によくあるのは、虫歯があるか、歯茎がはれている場合に乳幼児の場合は、牛乳びんを長くパルゴナ、夜の哺乳瓶をしゃぶりながら眠ったり、寝る前に必ずミルクを与えて寝かせる場合などが、虫歯ができやすいです。 そして、子供の口の中に口内炎や扁桃腺炎があっても匂いが飛ぶことがあるので注意して確認する必要があります。

呼吸器疾患では風邪がかかって鼻詰まり鼻が後ろへ移ることにすると、口臭が表示されます。

また、鼻がつまり、口を開けて呼吸をして口の中が乾燥するので、さらに口臭がひどくなります。 鼻炎や副鼻腔炎がある場合でも、同じように、一流の口臭の原因となります。 特に、この場合は、鼻に関連する症状は慢性的な経過を示して口臭の原因に見落としている場合も生じるので、注意しなければなりません。

このように慢性的な経過を示す小児の口臭は、鼻や副鼻腔に関連する原因の可能性を慎重に確認する必要があります。

鼻と口の臭いの相関性が著しく現れ、小児においてフビル(postnasal drip)が主要な口臭の原因だとしています。 他に消化器疾患や全身的な問題で口臭がすることがあるため、関連する症状を総合して、正確な鑑別診断をしなければなりません。

子供の口から口臭がある場合に、お母さんが一番最初にすべきことは口腔衛生に気を使う事です。

子供の口を頻繁に拭くこと、幼児の場合は、牛乳や離乳食の後に水を十分に与えることをお勧めします。 もちろん、風邪や鼻炎などの関連疾患がある場合は、これに対する治療をしなければなりません。 そのほか、継続的に口臭がひどい場合は、口臭の専門家の助けが必要です。


おすすめ記事

http://kosyuu54.blog90.fc2.com/blog-entry-3.html  口臭を自分で気づく方法

http://kosyuu54.blog90.fc2.com/blog-entry-8.html  口臭を自分で確認する方法

http://kosyuu54.blog90.fc2.com/blog-entry-5.html  口臭チェッカー(口臭検査機

http://kosyuu54.blog90.fc2.com/blog-entry-7.html  タングクリーナー口臭改善グッズ

コメント

非公開コメント

楽天
検索フォーム
ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。