プロフィール

チュー

Author:チュー

最新記事
カテゴリ
ポッチとお願いします
RSSリンク
コメント
トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠時に生じる口臭は?

妊娠している時に急に口臭が起こるの方々がいる。

これらの方々は、妊娠しているという点のためにこのような悩みを抱えながらも治療に対するアプローチをしていない場合があるが、
漢方治療は、妊婦の健康に影響を与えない要素から治療をしても問題がない。



女性たちの活発な職場生活のために結婚年齢が増加し、また、男性の女性ホルモンの増加に伴う精子数の減少などの社会的、環境的要因のために不妊の人口が爆発的に増えている。 このような現実を考慮すると、新しい命を構想したという事実は、過去よりもさらに祝福を受けることにちがいない。 しかし、妊娠の喜びがまま行く前にいくつかの虚弱な体力を持っている妊婦は、つわりをはじめとする様々な妊娠性疾患が原因で苦しむことになる。



漢方医学的につわりは、妊娠時によく現れる症状で妊娠8週前後に表示され、軽い場合は、妊娠16週前後で消滅しますが、ひどい場合には、妊娠末期まで持続することができる。 つわりの症状は、食欲が変わったり、中が少し反乱軽い症状から、めまいを訴えたり吐いて気を調えることができない重度の症状に至るまで多様だ。 そうしたら妊婦がつわりだけでなく、ひどい口臭も訴えて来院する場合を見ることができる。



妊娠をするようになれば、生理が中断され、女性ホルモンの比率が変更されている。 特に女性ホルモンのエストロゲンは、唾液との関連性が多いが、これらの妊娠時のホルモンの変化により、唾液分泌量が少なくなると、口腔内の臭い揮発性化合物の濃度が高くなるようになって口臭が発生することになる。



また、妊婦は胎児を栄養するため、気血が不足しやすい。 気血は栄養分とエネルギーを包括する概念で、気血の不足は、体液の不足につながって体液の一種である唾液も少なくなるので、口渇は加速化して口臭はさらにひどくなるようになる。



妊婦の口臭を治すときは、妊娠中の女性はもちろん、胎児への影響まで考慮して慎重に診断して処方しなければならない。 口臭の原因の原因を詳細に理解することはもちろん、妊婦の全身的な健康状態まで入念にチェックして、治療すれば口臭による苦痛を取り除くだけでなく、妊娠と一緒に伴われた複数の症状を安定化させ、妊娠の維持と順調な出産に大きな助けになるだろう

コメント

非公開コメント

楽天
検索フォーム
ブロとも申請

この人とブロともになる

リンク
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。